WordPressテーマ

WordPressテーマ「fresco」がリリース!新設計のミニマリスティックテーマ

WordPress fresco

先日、WordPressテーマシリーズ「DigiPress」の新しいテーマとなる「fresco」がリリース予定であることを記事にしました。

あわせて読みたい
DigiPressシリーズ 新作テーマ「fresco」
DigiPress 久しぶりの新作WordPressテーマ「fresco」デモムービーを公開!久しぶりの更新です! 当サイトは、DigiPressのWordPressテーマ「MAGJAM」を利用していますが、そのDigiPr...

本日(2018年5月8日)、新作のWordPressテーマ「fresco」がリリースされています。

久しぶりの「DigiPress」の新作テーマとなります。

リリースにあわせて、操作イメージなど動画も公開されています。

これまでの「DigiPress」シリーズとの大きな違い

  1. 従来のDigiPressテーマ専用の設定画面を廃止され、WordPressの「テーマカスタマイザー」(API)を利用したリアルタイムカスタマイズが可能なテーマ設定構成
  2. 非同期通信技術を取り入れた高速なページ遷移機能

「テーマカスタマイザー」(API)を利用したリアルタイムカスタマイズが可能に

これまでの独自の設定画面でしたが、テーマカスタマイザーによる設定に変更されています。

DigiPressシリーズ利用者なら、専用設定画面は慣れてしまえば、簡単でしたが慣れるまで、どこをどのようにすればいいのかわかりにくい点がありました。

テーマカスタマイザーに変更されて、リアルタイムカスタマイズが可能になっているので、どこがどのように変わったかがわかりやすくなっています。

非同期通信技術を取り入れた高速なページ遷移機能

例えば、pjax(pushState + ajax)という技術を用い、非同期通信によってサイト内のページ遷移の処理を効率化し、ページ表示速度が通常のページ遷移に比べて圧倒的に高速になる仕組みを、DigiPressシリーズで初めて搭載しています。

この他、画像だけでなく動画スライドにも対応した10種類のトップページスライダー、AMP専用ウィジェットなど豊富な機能を搭載しています。

価格は1ライセンス ¥11,899となっています。

デモサイト及び販売先はこちら

WordPressテーマ DigiPress詳細はこちら

さいごに

新作のWordPressテーマ「fresco」は、自由自在のパララックスコンテンツで動きのあるWebサイトが構築できます。

「DigiPress」の難点であるページスピードの遅さネックなのですが、今回、非同期通信技術を取り入れた高速なページ遷移機能を搭載し、以前のテーマと比較したら体感は早くなっていますね。

ただ、GoogleのPageSpeed Insightsでデモサイトを計測してみると、驚くほど低い数字となっているのが少し気になりました。

他社とは違うコンセプトとで「DigiPress」は色々なWordPressテーマをリリースされていますが、最近は優れたWordPressテーマが多くなっているからか、真新しさがあまり感じれないんですよね。

個人的に高機能過ぎずシンプルで使いやすいテーマが書くことに集中できて良いと思います。

ABOUT ME
トモノリ
トモノリ
ワドプラ管理者のトモノリです。 DigiPressのWordPressテーマ、おすすめなWordPressテーマやプラグインのこと、Evernoteのことや便利なツールやWebなどをコツコツ更新中です。 各SNS・Feedlyでフォローしていただくと更新情報を素早くキャッチできます。 ヨロシクお願いします!