WordPress

Localを使うと驚くほど簡単にWordPressをローカルへ導入できる!

WordPressテーマのカスタマイズや、色々なテーマを試したいときは、サーバー上で直接、さわるのは何か不具合が起きたとき怖いですよね。

真っ白になってしまった・・ということもあり得ます。

こういったときにローカル(PC上)でWordPress環境を作成して試すのが安全安心です。

今回ご紹介する「Local」は、ローカルにWordPressをあっという間に構築できます

あまりにも簡単に導入できるので驚きますよ〜。しかも無料です。

WordPressを使ったことがない初心者が、サーバーをレンタルする前に、WordPressとは一体どんなものかを試すのにも良いと思います。

Localの特徴

  • ローカル(PC上)に、WordPressの制作環境を簡単に構築
  • WordPressの制作環境は、複数構築可能
  • サーバーの知識がない人でも、すぐに導入できる。
  • WordPress日本語版にも対応。

Local使用方法

ダウンロード

「Local」は、Windows、Macいずれでも利用できます。

「Local」ダウンロード

Local」へアクセスし、ページから、「FREE DOWNLOAD」と書かれたボタンをクリックし、ダウンロードしましょう。

Local by Flywheel | Local WordPress development made simple

「Local」ダウンロードやり方

ダウンロードパネルが表示されるので、MacかWindowsかを選択し、項目を入力します。

この他、First NameやLast Name、Company Name、Phone Numberなど入力項目がありますが、必須ではなく、「Work Email」(メールアドレス)を入力し、「Number of Website」( WordPressサイトの数)を選択するのみでダウンロードは可能です。

「Local」ダウンロード完了

上記のような画面になれば、ダウンロードが始まります。始まらない場合は、click hereをクリックしてダウンロードしましょう。

インストール

「Local」インストール

ダウンロードしたら、開いてパソコンにインストールしましょう。

「LET’S GO!」をクリックすると、「Virtual Box」「Host Machine」「Local Image」の設定が自動で始まります。

全てがセットアップされるまで少し待ちましょう。3分くらいで完了します。

Local設定

Local設定

セットアップが終了したら、WordPressのサイト設定になります。

「CREATE A NEW SITE」をクリックしましょう。

Local設定 Webサイト入力

任意のサイト名を入力します。ここでは「Wdplu」としました。

Local設定 環境設定

カスタムを選択すると、サーバーのオプションではServer(Apache, nginx)、PHPとMySQLのバージョンを指定できます。

変更がなければ、デフォルトのままOKです。

Local設定 WordPressユーザー名、パスワード

続いて、WordPressへログインするためのユーザー名、パスワードを入力しましょう。

Local設定 サーバーの状況

この画面になれば、設定終了です。これでLocalでWordPressを利用できます。

この画面で、サーバーの状況(PHPのバージョンやWordPressバージョンなど)が分かります。

WordPressを起動

Local設定 WordPress起動

「VIEW SITE」をクリックすると、ブラウザが開きWebサイトが開きます。

Local設定 サイト表示

WordPressテーマ「Twenty Seventeen」の素のままの状況が表示されます。

Local設定 WordPress管理画面

続いて、WordPress管理画面を開きます。

Localに戻って、「ADMIN」をクリックしましょう。

ログイン画面になるので、さきほど入力したWordPressへログインするためのユーザー名、パスワードを入力しましょう。

Local設定 WordPress管理画面表示

これでWordPress管理画面を開くことができました。

WordPressを日本語に変更

WordPress日本語に変更

英語のままだと使用しずらいので、日本語にします。

WordPress管理画面の「Setting」→「General」の『Site Language』をクリックしましょう。

クリックすると世界各国の言語が表示されるので『日本語』を選択し、「Save Changes」をクリックしましょう。

WordPress日本語に変更

これで、日本語化されます。

あとはWordPressテーマを入れてカスタマイズしたり、プラグインを試したりとローカルですることができます。

無料のWordPressテーマを試す場合はこちらのテーマがオススメです。

初心者必見!日本語対応で無料のおすすめWordPressテーマ6選このブログはDigiPressのWordPressテーマ『JIN(ジン)』という有料テーマを利用していますが、WordPressのテーマ...

さいごに

Localを利用するサーバーの知識がない人でも、すぐにWordPressを導入することができます。

新しいテーマを試す、プラグインを試す、カスタマイズする、WordPressとは一体どんなものか勉強する際などに利用すると良いでしょう。

テーマとプラグインの相性を試してみたい時などローカルでテストすることができるのでとても便利ですよ。

ぜひ利用されてみて下さい。それではまた〜

実際のサーバーでWordPressを運用するなら、こちらのサーバーがオススメ!

エックスサーバー
高速性・機能性・安定性を兼ね備えたオールSSDのハイスペックサーバーです。エックスサーバーは、大量アクセスに強く、高速な環境を実現するハイスペックサーバーを採用。また、快適なサイト運営をサポートする機能を多数備えて初心者でも安心!長い運用実績に基づく、徹底された高品質のサーバー環境を、お手ごろな料金で提供となっています。10日間のお試しができる他、新規サーバー申込で、ドメインが無料とスタートするならオススメのサーバーです。
高速性・機能性
使いやすさ
安定性
料金

詳細ページ
公式ページ

ABOUT ME
トモノリ
トモノリ
ワドプラ管理者のトモノリです。 DigiPressのWordPressテーマ、おすすめなWordPressテーマやプラグインのこと、Evernoteのことや便利なツールやWebなどをコツコツ更新中です。 各SNS・Feedlyでフォローしていただくと更新情報を素早くキャッチできます。 ヨロシクお願いします!