ワドプラ

WordPressのDigiPressテーマ『MAGJAM』のことやWordPressテーマ、WordPressプラグインのことなど書いています。

TCD オシャレすぎるパララックスデザインの WordPressテーマ「AMORE」リリース!

TCD オシャレすぎるパララックスデザインの WordPressテーマ「AMORE」リリース!

本日(2015年10月26日)、株式会社デザインプラスは、TCD WordPress新テーマ「AMORE」をリリースしています。

今までのTCDテーマとは全く違ったパララックスデザインの WordPressテーマとなっていてオシャレで見る人を一発でアッと驚かせるデザインとなっています。

スポンサーリンク

パララックスとは?

パララックス(parallax)、直訳すると「視差」という意味です。

もともと写真用語で、光学式ビューファインダーを使う際、レンズとの位置関係のズレにより、ファインダー視野と実際に撮影される画面にズレが生じる現象を指す言葉です。

Webデザインにおけるパララックスは、スクロールといった動作に応じて、複数のレイヤー(層)にある視覚要素を異なるスピードで動かすことで視差を生み出し、立体感・奥行きを演出する手法のことを指します。

「パララックス」をはじめとする「スクロールエフェクト」の魅力とは | コラム・研究会 – 株式会社マイクロウェーブ

TCD WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」仕様・購入先・デモサイト

WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」 | ワードプレステーマTCD

WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」の特徴

パララックスサイトを専門的な知識もなく制作可能

「AMORE」は、手順通りに作業を進めるだけで一流のパララックスサイトが作れるように制作されています。

ストーリー仕立てで見せたり、特別な空間を作り上げたりすることにより、統一した世界観の訴求や実体験のような演出が可能です。

最大6つのブロックを、ブロックごとに画像や見出し文、本文などの項目を埋めていくだけで難しい操作も専門的な知識もなく制作できるよう工夫されています。

独自のテーマオプション機能

TCDのテーマは、基本的にHTMLやCSSなどの専門知識がなくても大規模サイトを構築・運営ができるように制作されています。

そのため広告の入れ替えやロゴの設定、グローバルメニュー、サイドバー・フッターのコンテンツ入れ替え、記事内のフォントサイズ、カラー設定にいたるまで必要なカスタマイズは独自のテーマオプションから直感的に設定することが出来ます。

自分好みにCSSをカスタマイズしたいユーザーには「カスタムCSS」機能が搭載されており、特定の記事にだけにCSSを適用することも可能です。

スマートフォンでも美しいレスポンシブ対応

151026 1000

「AMORE」はレスポンシブ対応です。

ただレスポンシブに対応するだけでなく、新着記事一覧など全要素が、スマホのような小さな画面でも見やすく、そしてクリックしやすいように実用性を意識したデザインになっています。

さいごに

今回のテーマは、期間限定のイベント告知などの特設サイトの構築などに使えると思います。

とくかくオシャレで美しいですね!

現在(2015年10月26日)、リリースされたばかりということで11,980円で販売されていますが、近いうちに値上げとなると思います。

気になる方はお早めにどうぞ!

それではまた〜

こちらの記事も合わせどうぞ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top