ワドプラ

WordPressのDigiPressテーマ『MAGJAM』のことやWordPressテーマ、WordPressプラグインのことなど書いています。

WordPressテーマ 探しに使えるWebサイト6選

WordPressテーマ 探しに使えるWebサイト6選

あなたは、WordPressのテーマを探す時にどのように探していますか?

管理画面のWordPress公式テーマから探す、検索エンジンで「WordPressテーマ 無料・有料」などのキーワードでWordPressテーマを探している人が多いと思います。

今回は、そのWordPressテーマを探すときに使えるWebサイトを紹介します。

スポンサーリンク

What WordPress Theme Is That?

私は多くのブログを読むことが多いので、気になるWordPressサイトを見つけたら、何のテーマを利用しているかが分かるWebサービス「What WordPress Theme Is That?」を使って、テーマを見つけているときもあります。

Webサイトにアクセスして、気になるブログのURLを入力するだけで、何のWordPressテーマ利用しているか、何のWordPressプラグインを利用しているかまで分かります。

詳しくは下記の記事をどうぞ

Theme Cards

Theme Cardsは、レスポンシブ対応されたテンプレートが探せるサイトです。

無料のWordPressテーマや、Bootstrapテーマをダウンロードすることができ、デモサイトも確認することができます。

オシャレなデザインが多く、とてもテーマを探しやすいです。

ThemeBro

ThemeBroは、レスポンシブ対応、パララックス、テーマカラー、カラム数など細かいカテゴリーからWordPressテーマを探すことができるWebサービスです。

テーマの構想がある程度決めている人にとってはカテゴリーを絞って検索できるので使いやすいです。

テーマは無料と有料があります。

Themeshaker

Themeshakerは、ブログ、ニュース・マガジンなどのカテゴリーからや、フラット・フルスクリーンなどのスタイル・レイアウトからWordPressテーマを検索できるWebサービスです。

無料と有料テーマがあり、どれも美しいテーマが多いのが特徴です。マウスオーバーで大きな画像でテンプレートが表示されるので確認がしやすいです。

WORDPRESS THEME PARK

WORDPRESS THEME PARKは、日本語テーマ、有料テーマ、無料テーマ、海外テーマのカテゴリー検索やカラム数、ビジネスサイト向け、ブログ向け、グリッドデザインなど細かいタグから検索することができます。

国産の日本語テーマが多いのが特徴です。

S5THEMES

S5THEMESは、ハイクオリティーで無料のWordPressテーマをまとめて検索できるWebサービスです。デモサイトをみれば分かりますが、どれも美しくテーマ選びに悩んでしまうほどです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

上記の6つのWebサイトを利用すれば好みのWordPressテーマが見つかると思います。検索して探すより短時間で効率よくWordPressテーマを探すことができます。ぜひ利用してみてください!

それではまた〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Return Top