ワドプラ

WordPressのDigiPressテーマ『MAGJAM』のことやWordPressテーマ、WordPressプラグインのことなど書いています。

ロリポップ!1日あたりの転送量制限を大幅に緩和「最大40倍!」に!

ロリポップ!1日あたりの転送量制限を大幅に緩和「最大40倍!」に!

ロリポップレンタルサーバーは、12月15日よりエコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプランにおいて、1日あたりの転送量制限を大幅に緩和しています。

これまで他社レンタルサーバーと比べるとロリポップレンタルサーバーは転送量が少ないサーバーでしたが、今回の大幅な緩和により自由度の高いWEBサイトを運営できるようになりました。

スポンサーリンク

転送量とは?

ブログやWEBサイトを公開しサイトにアクセスがあったり、ファイルをダウンロードしたりした時などにサーバーから流れるデータ量を指します。簡単にいうとサイトに関わるほとんどの動きが転送量になります。

この転送量が少ないとアクセスが多いサイトでは耐えることが出来なくなります。

ロリポップレンタルサーバーの転送量制限

各プランの1日あたりの転送量制限は以下のように緩和されています。

  • エコノミープラン:1GB → 40GB
  • ライトプラン:5GB →  60GB
  • スタンダードプラン:10GB → 100GB
  • エンタープライズプラン:容量無制限
※転送量が短時間に著しく増加した場合など、他のユーザーに影響を及ぼす可能性がある際は、一時的に制限を行う場合があります。

エコノミープランは40倍、ライトプランは、12倍、スタンダードプランは10倍と転送量制限を大幅に緩和しています。

ちなみにエックスサーバーの転送量の目安が下記の通りなので、それより低価格のロリポップサーバーは頑張っていると思います。

  • X10プラン:500GB/月 → 50GB/日
  • X20プラン:1,000GB/月 → 70GB/日
  • X30プラン:1,500GB/月 → 80GB/日

さいごに

これまで転送量がネックだった、ロリポップレンタルサーバーですが、これでかなり利用しやすくなったと思います。

これまでが転送量が少なすぎたというものありますけどね。

この他、モジュール版PHPや同時アクセス数拡張など、アクセス集中時にも快適に利用できるような機能も追加されてきているので低価格で安心できるサーバーだと思います。

それではまた〜

こちらの記事も合わせてどうぞ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top